メタボクサー三十路戦記

①ダイエット②京都情報③生活のお役立ち情報を中心に、気が向いたら記事を書いています。京都人元ボクサーの三十路突入したてサラリーマンの雑記ブログへようこそ!

短期間でダイエットを成功させるための思考法をボクサーから学ぶ

f:id:ts1988421:20190723232710j:plain

この記事では、短期間ダイエットを成功させるために必要な思考法について書いていきたいと思います。ダイエットを始めてもなかなか成果が出ずに続かないという人は多くいると思います。

私はこれまでボクシングの公式戦を20戦ほどしてきましたが、試合のたびに約6~8Kgを2週間ほどで落としました。一般の方のダイエットとボクサーの減量は別物ですが、そこから学ぶことは多いと思います。

短期間でダイエットを成功させる思考法

 

ダイエットを成功させる為の思考について、まず、「ダイエット」という言葉を使うときに、同時に思い浮かぶというか、ほぼ同意義で使われている言葉は痩せるだと思います。

もう少し照準を絞って言えば、「体脂肪を減らす」「スリムになる」「くびれをつくる」「下腹を凹ませる」etcetc・・・いろんなダイエットの意味や目的が思い浮かぶと思います。

これがダイエットを成功させる上で非常に重要なことで、ただ単に「ダイエット=痩せる」ではなく、「ダイエット=身体の○○を△△に変える」という思考をしましょう。

 

例えば、ダイエットの目的が、「下腹を凹ませる」ということであれば、何が原因で、どうすれば解決するでしょうか?

答えを言うと、下腹が出ているのは内臓脂肪が余分に蓄積されていることが原因で、内臓脂肪を減らすことで解決します。内臓脂肪を減らす為には、文字通り脂肪の摂取を減らすことが解決策となります。

 

このように、まず「下腹を凹ませる」という目的を頭に入れることで、そのための解決策を自分で理解しなくてはいけません。

ちなみにダイエットにおいて最も減らすのが簡単な部位が下腹で、これは食制限によって簡単に解消出来てしまいます。

 ⇒食事制限についても書いていますのでご参考にして下さい。

www.boxerchavez.com

「ダイエット=身体を変える」という思考のもたらす変化

下腹を凹ませる」ということは「ダイエット=痩せる」という思考もままでも達成できることですが、どうせならもう少しレベルの高いダイエットをしましょう。

 

誰しもが自分にとって理想の身体というものがあると思います。何となく全体的に痩せたいというあいまいな考えでは成果を実感し辛くなります

 

何の為に食事を取り、トレーニングをするのか、ということについて、目的を明確にした上で取り組んだ方が成果は得られやすく、また、モチベーションも維持し易いです。

 ダイエットにスクワットが有効なワケ

f:id:ts1988421:20190723234512p:plain

ダイエット中にスクワットをする人は多いと思いますが、何故にスクワットをするのでしょう。

それは、「痩せやすい身体を作る為」です。

スクワットによって鍛えられる部位は主に「大腿四頭筋」で、これは身体の中で最も大きい筋肉です。

筋肉量が多くなれば基礎代謝もアップしますので、継続的に痩せていたい人はまずスクワットから始めましょう。

 ⇒筋トレとプロテインで効率よく筋肉を付けましょうという記事です。

www.boxerchavez.com

 このように、ただスクワットをすることに関しても目的を理解した上でするのとそうでないのとではモチベーションにも成果にも差が出ます。きっとこれを読んでくれた方はスクワットをダイエットに取り入れて頂けるものと思います。(笑)

スクワット⇒大腿四頭筋の肥大⇒代謝UP⇒痩せやすい身体

ボクサーにとって減量失敗は大罪

たまにですが、試合前の減量に失敗をして失格になる選手がいます。

最近ですと、比嘉大吾選手が失格になって各方面からバッシングを受けていました。

どんな理由があろうと、契約した体重で試合に臨むことが出来ないということは許されません。特にプロ選手の場合は、ジム、対戦相手、メディア、協会…とたくさんの人に迷惑が掛かります。ですので、何がなんでも軽量日までには体重を落としきるのです。

 

ボクサーが減量に失敗しない理由は、失敗が許されないからです。

失敗が許されない状況をつくる(笑)

一般の方がボクサーと同じように、「絶対体重を減らさなければならない」という状況をつくるためには、家族、友人に公言することです。

*いくつか思いつくことを書いてみます。

〇カ月以内に〇Kg痩せなかったら・・・

  • 5厘にします!!
  • 好きなバッグを買います!!
  • 100万円あげます!!
  • スマホゲームのデータ全消しします!!

あり得ないことほど、多くの人に言うほど効果は抜群です。

要するに根性です。ボクサーが減量に失敗しない理由は根性があるからです。

 

今すぐ友達にLINEで「〇〇までに〇Kg痩せれなかったら100万円あげるわ!!」と、体重計の画像付きで何人かに送りましょう。

ボクサーの減量はただ体重を減らすだけではない

最後に、ボクサーとして、身体を変えることについてどのように意識をしているか書きたいと思います。

ボクサーは減量のことを「ダイエット」だとか「痩せる」というようなとらえ方をしません。

「試合に向けて身体を作っていく」という考え方です。身体をコントロールするというようなイメージです。

パンチに必要な筋肉は落とさず、むしろ鍛えますし、ボディに耐えられるように腹筋も厚くします。

大腿四頭筋やハムスト、大胸筋などはあまり必要ではなく、大きいと無駄な肉でしかありません。ですので、その部位は極力減らし、腹筋や広背筋に回します。

 

ただ、ここまで細かく考えてやっている人は少ないかもしれません。

しかし、何となくでも同じような意識は必ずしています。ボクサーでベンチプレスやスクワットばかりして身体作りをする人はあまりいないでしょう。

(大学の後輩で一人そういうヤツがいましたが・・・少数派です)

このように、ボクサーは「試合で勝てる身体にする」という目的を持って身体作りをしているということです。

⇒ダイエットとはまた違いますが、ボクサーの減量方法についてご参考までに

www.boxerchavez.com

まとめ

「ダイエット=痩せる」ということは決して間違いではありませんが、考え方をもう少し変えてみると、ダイエットがより深く、遣り甲斐のあるものになります。

 

 ダイエットの為にしていることの「目的」・「方法」・「期待できる効果」までを考えてそれに取り組めば、きっと身体を変えることが出来るはずです。

そして、根性を示すためにも、今すぐ友達や家族にダイエット開始宣言をしてください。人間追い込まれるとなんでもできます。

 

 

*伝えたいことを上手く伝えるって難しいなぁと思いながら書きました(笑)