【我慢】ダイエット中の食事量を抑えるための5つの工夫

仕事の関係で栄養士の先生のセミナーを聞いてきました。

ダイエット中に空腹を我慢できずに失敗してしまうという方は、是非ご参考にしてください。

ダイエットの基本は我慢!我慢!我慢!

「高齢者の栄養管理について」がテーマでしたが、糖尿病患者の食事制限の為に話されていたことが、ダイエットにも繋がる非常に大切なことだったので共有したいと思います。

食事量を抑えるための5つの工夫

①小さめの器に変える

見た目の量が多く見えることで視覚的に満足感が高まるということです。小さめの器に山盛り入れると、そこそこ食べた気になります。これは、実際にやってみると良く実感することが出来ます。

②骨付き、殻付きの食べ物にする

チキンや魚などが身だけで出てこればその方が食べやすいのは間違いないですが、すぐに間食してしまいます。骨を取り、殻をむき、手間をかけて食べることで食事の時間が長くなります。また、視覚的にも身だけのモノよりは多く食べた気にもなります。魚の骨をいかにキレイに取って食べるかというようなことも食事時間延長になりますね。

③切り方を大きくする

これも食事時間延長になる技です。大口に切り、食べにくくすることで一口の量を減らすことが出来ます。

④食べる順番を工夫する

1.水、お茶などを食事の前にしっかり飲む

2.汁物

3.野菜

4.メイン

最初の水分摂取が有ると無いとでは食事全体の量が変わってきます。極端に言うと、水を1L飲んだらそんなにたくさん食べようという気にもならなくなります。これは、私も減量中には実践していたことです。

⑤ゆっくりとよく噛んで食べる

これもドカ食いを防ぐためには大切なことです。大体太っている人って食べるのが早い人が多くないですか?よく噛むことで消化も良くなりますし、満足感も上がります。

寝る前2時間は食べない

他の記事でも書いているように、睡眠時間は、痩せる為のゴールデンタイムです。

せっかく多くのカロリーを消費するのに、食事にエネルギーを持っていかれるのは勿体ないです。出来るだけ寝る前は空腹でいるようにしましょう。

⇒実践編へ

www.boxerchavez.com

以上、食事量を抑えるための工夫についてでした。

ダイエット、減量の基本は食事制限です。運動量を増やすよりも、食事量を減らすことの方が難易度が低いことは間違いないです。

⇒ボクサ-の減量記事

www.boxerchavez.com

【減量前半戦】ボクサーの減量方法~一気に脂肪を落とす~
【短期間ダイエット】痩せたい人はこれを見てソッコー食事制限と有酸素運動を始めよう
【減量食】ボクサーが減量中に食べるものまとめてみた
【超短期間ダイエット】一日で痩せる方法~ボクサー減量応用編~
【減量後半戦】ボクサーの減量方法~気合と根性で乗り越える~

コメント

タイトルとURLをコピーしました