メタボクサー三十路戦記

①ダイエット②京都情報③生活のお役立ち情報を中心に、気が向いたら記事を書いています。京都人元ボクサーの三十路突入したてサラリーマンの雑記ブログへようこそ!

【インフルエンザ】2019年は過去最高患者数!ヤバいと思ったらすぐに検査、必要に応じて予防投与を!

f:id:ts1988421:20180929025032j:plain

インフルエンザの大流行2019年

年明けからずっと元気でしたがとうとう微熱が出て病院に行ってきました。

会社では先週、今週とA型インフルエンザ発症により休みを取られている社員がチラホラと…

これはまずいなぁ、でも熱もそんなにないしなー、と思いつつ、自分が感染源になってもいけないので病院へ。

 

 

結果は陰性、喉の腫れと微熱を和らげる薬を処方してもらい、タミフルも予防として自費で購入しました。(今週は絶対に罹患したくないので)

 

タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ、そして話題のゾフルーザと、インフルエンザには現在5種類の薬剤がありますが、それぞれに適した対象と使い方があることはネットで調べられますので興味ある方はググって下さい。

 

どうしても依怙贔屓が出てしまうので詳細については書きません(笑)

 

インフルエンザの予防、治療において大切なこと

  1. マスク、手洗いなどを徹底する
  2. 発症後早期(48時間以内)に薬剤を服用する
  3. まわりへの注意喚起をする

 

罹らないように注意をしても急に罹かってしまうのがインフルエンザです。

まわりにインフルエンザに罹った人がいれば要注意!

 

健康成人がインフルエンザに罹かっても重傷化しないことがほとんどなので、適切な治療を受ければそれでオシマイですが、問題は高齢者や乳幼児がなったときです。

脳症や最悪は死亡のリスクもあり、たかがインフルエンザと油断出来ません。

 

また、厄介なのが、ワクチンを接種したところで発症リスク自体を完全に無くす訳ではないので、ビミョーに症状が出て、気付かないケースも多いということです。

 

私が過去にインフルエンザに罹った年は2011年と2016年ですが、いずれもワクチンは打っておりました。(ワクチンはもちろん有用ですが、こういうケースもあるという意味です)

 

そして最も重要なことは、感染源にならないこと!

症状が治まってもウィルスが死滅していなければ他人に容易に感染させてしまいます。

仕事があっても休め!と言いたいです(笑)

 

暖冬とは言いますが、まだまだ寒い時期が続きますので、くれぐれも健康には気をつけていきましょう!!

 

以上!!!

 

 

www.boxerchavez.com